地元工務店を選んでよかった魅力を徹底解析!

地元の工務店を選ぶ利点とは

工務店を選んだ人が挙げる工務店の良さ

工務店のメリットとデメリット

工務店で家が建てられることは、意外と知られていません。
皆さんも、工務店と聞くと、地元の建設会社や工務店を思い浮かべ、洗練さよりも泥臭さのイメージが強いかも知れませんが、実は、家を建てる時に1番オススメしたいのが工務店です。
メリットやデメリットとともにその理由を説明しましょう。
工務店で家を建てるメリットはたくさんありますが、1番は、広告宣伝費や余計な人件費などが抑えられるため、ハウスメーカーよりも安く、予算内にきちんと収まるこだわりの注文住宅を建てることが可能なことです。
また、設備機器の変更も自由で、工務店と一緒に家づくりに参加できる点も魅力です。
地域密着のところが多い工務店は、悪評は命取りともいえるため、地域やお客様を大事にする傾向が強く、丁寧に仕事をしてくれます。
デメリットとしては、住宅ローン手続きを自己でやらなければならないことですが、総合的に見るとメリットの存在が大きいと言えます。

良い工務店を見つけるコツ

数ある工務店の中には、素晴らしい工務店もあれば、残念な工務店もあります。
しかし、良い工務店を見つけるコツさえ分かっていれば、一生いいお付き合いができる工務店と巡り合うチャンスでもあります。
そこで、今回は良い工務店を見つけられる2つのコツをお伝えします。
まず、工事を下請け会社等に丸投げせず、自社で設計や施工をしていることが重要です。
建築作業は、現場の対応力がカギとなりますが、下請けに丸投げした場合、統括する人がいないため、現場で最良の方法が見つかってもその方法にすることなく、決められたことだけがこなされ、責任もたらい回しになります。
しかし、そこを自社で行っていれば、最良の方法に変更でき、ハウスメーカーなどで掛かる広告宣伝費や設計料などもカットできるため価格面でもメリットと言えます。
2つ目は、アフターメンテナンスの充実です。
地域やお客様を大事にしているところとは、良い信頼関係ができるでしょう。


この記事をシェアする